シニア介護予防運動

~生きがい向上運動を“あしこし”から~

 シニアと言うのか、高齢者と言うのかは最近色々とありますが、少なくとも、20年前と今の“高齢者”は間違いなく今の方が10歳近くはお若く映ります。

 とは言え、介護期間が長いのも事実です。これは世界一の長さと揶揄されている現状があります。人はある日突然要介護になるのではありません。無論、突然の病気がきっかけというのはあり得ますが、多くの方があまり(要介護になることを)気にしていないのは、あまりにもゆっくり虚弱していくからです。

 これを最近では“フレイル”と呼び、健常者と要介護者の間を意味する言葉として啓発されています。

また最近の日本人の健康課題が“身体不活発病”という病名らしき名前がついていますが、要は動かなさ過ぎということです。今や高齢期における運動はただの趣味ではありません、“生きがい”にして頂くべきことだと思います。

 

 

                        →シニア介護予防運動に関するお問い合わせはこちら 

メール th-protection@wit.ocn.ne.jp

073-462-0964(電話・fax)

 

担当 坂口まで